ひばりネットシステム
会社案内
事業内容紹介
ソリューションビジネス
環境システム
電気通信工事
採用情報
個人情報保護方針
プライバシーマーク
ソリューションビジネス




VPN (Virtual Private Network 仮想専用線)はインターネット網を
トンネリングと暗号化技術を使用して、簡単にしかも低価格でプライベートな
セキュアネットワークを構築するサービスです。

VPNの構築パターンは大きく分けて次の2つです。



リモート・アクセス環境といえば、RAS(Remote Access Service)サーバを組織内に設置し、 アナログ電話回線やISDNなどの公衆回線を使って組織の外部から、ユーザがダイヤルアップ接続するのが一般的構成です。 しかしながら、遠隔地からアクセスしたり、長時間アクセスしたりする場合には高額の通信料が必要となる。 また、RAS用として、公衆回線やRASサーバの着信ポート(モデム等)を必要な数だけ用意しなければならない。 この環境をリモート・アクセスVPNに置き換えることで、電話料金やRASサーバの管理・維持コストを軽減することが可能になるソリューションです。



LAN間接続VPNでは、2つのサイトに設置されたVPN装置の間に仮想トンネルが作られ、あたかも専用線でつないだかのように両サイトのLAN同士を接続します。
仮想トンネルを構築するためのVPN装置としては、VPN対応ルータやWindows Serverを用いることが可能だ。
リモート・アクセスVPNを利用する場合、Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP/MacOSXが標準で備えるVPNクライアント機能を使い、
サイト内に設置したVPN装置との間に仮想トンネルを構築する事が出来ます。
一方、LAN間接続VPNでは、VPN装置(VPN対応ルータやWindowsサーバ)間に仮想トンネルを構築し、サイト内のPCからは、
VPNを意識することなく透過的に双方のLANを利用できるようにすることが可能なソリューションです。
例えば、社内のサーバ郡をLAN1に集中して配置し、各拠点からVPNを利用してアクセスを行う事が可能です。

このページの先頭へ
Copyright
トップページ :  サイトマップ :  お問い合わせ